『春色染めの頬と大事なお話』

鼻水ずるずるさせながら
今日も君と初春のデート

ちょっと気難しい君と
手を繋ぎつつてくてくと

他愛の無い話ばかりを
繰り返しては空を見る

そんな君は花粉症 花粉症
飛び回る花粉の嵐に
君は涙で前が見えない

そんな君の手を引いて 微笑んで
少し照れた表情(かお)隠し
君の頬が春色(はる)に染まる

今日はしとしと寂し雨
君と一つの傘差して

ちょっとご機嫌な君と
くっつきながらてくてくと

他愛の無い話ばかりでも
繰り返しては顔を見る

そんな君は花粉症 花粉症
雨に沈む花粉の嵐に
君は元気に大笑い

そんな君と抱き合って キスをして
幸せそうな表情隠さずに
僕の頬まで春色染(はるぞ)めに

今日はとっても良い天気
散歩日和な昼下がり

すっごく楽しそうな君と
シートを広げてお弁当

今日の話は大事な話
驚く顔が楽しみだ



☆コメント☆
制作日2008年2月5日
制作時間約20分
少しバンプを意識しながら、自分のスタイルを織り交ぜて書き上げてみた。
ぬこからのリクエスト(お題)「花粉症」…こんなんでいいのかなw
最後の「大事な話」っていうのは、この詞(詩)の主人公である
“彼”の一世一代の大切なお話なのは、言うまでもないねw

※上記コメントは、制作当時のものを原文のまま掲載しています。